煙が目にしみる稽古のもよう:衣装パレード

今日は衣装パレードでした。

衣装パレードとは、本番通りの衣装を着て商店街を練り歩き、チラシを配りまくることです。
嘘です。商店街から嘘です。
全員で衣装を着て、演出家のチェックを受ける日ですね。

今回の出演者は脚本の仕様上、喪服を着ている人が多いわけですが、
その分、喪服以外の衣装には気を使います。

どんな風に仕上がったかはここではお見せできません。
吉祥寺シアターでの本番をお楽しみに。

衣装パレードを終えた後は通し稽古を行いました。
今日で3周目の通し稽古。
今日からはタカタタイスケさんから届いた音楽も加わり、
作品がどんどん引き締まってきました。

全体像はもう見えてきたので、
後は細部をブラッシュアップしていくのみ!

残り2週間、全力で突っ走ろうと思います!

SONY DSC

大まかなチームに分けて自主練中

SONY DSC

野々村家チームは素読みを行いました

SONY DSC

こちらは通し稽古より。浴衣は衣装じゃありません

SONY DSC

同じく通し稽古より。集中力が光る仕上がりになってます!

smoke

『煙が目にしみる』公演情報はこちら

『煙が目にしみる』稽古場のもようはこちら


見学&受講予約受付中!!

お芝居・朗読、ボイストレーニング、アナウンス教室、体操、趣味・教養… さまざまなクラスをご用意してお待ちしております。きっとあなたのやりたいが見つかります! よくあるご質問はこちらから。
必須お名前
必須メールアドレス
必須お問合せ本文

むさしの芝居塾スタッフ

初瀬健大
初瀬健大
小劇場で活動後、引退してサラリーマン生活をしていたところを針谷理繪子によって引き戻される。写真やデザインをはじめ、むさしの芝居塾のアートディレクションを担当。

ABOUTこの記事をかいた人

初瀬健大

小劇場で活動後、引退してサラリーマン生活をしていたところを針谷理繪子によって引き戻される。写真やデザインをはじめ、むさしの芝居塾のアートディレクションを担当。