一粒で二度おいしい?

本日はIさんとNちゃんが来てくれました。

アレクサンダー・テクニーク(AT)のレッスンでは自分がATを使ってやってみたいことをアクティビティといいます。
楽に歩いてみたい人は、歩くことがアクティビティになります。

Iさんは今回で7回レッスンに通って来てくれています。
最初にレッスンに来たときからすると、心身ともに大きく変化しています。
今日は床から立つ、起き上がるというアクティビティをやってみたいとのこと。
それなら、オススメしたのがテーブルワーク。
ATでは代表的かつ伝統的なワークの一つです。
本来はベッドや広いテーブルなどの上で行いますが、床でも大丈夫。
寝た状態で、身体の不必要な緊張をほどいていきます。

SONY DSC

頭の高さを少しずつ少しずつ調整しているところ

ゆっくり、時間をかけて行います。
起きる時、立ち上がる時もゆっくりと時間をかけて。
ワーク後、歩いたり立ったりが楽になったIさんでしたが、楽になりすぎて眠くなってしまったのでレッスンは終了です。
稀にこういうことも起こります。

続いては芝居塾一周年記念公演『煙が目にしみる』にも出演するNちゃん。
気になっていることは「踵の痛み」と「セリフになると声が出づらい」の二つ。
普通ならそれぞれ別にレッスンをするところですが、ATなら一つだけで済みます。
ATの基本「頭と脊椎の関係性」を変えることで様々なものが変わるからです。
実際に脚には触っていないのに、踵の痛みも消え、セリフも楽に出るようになりました。

SONY DSC

「真っ直ぐ立つ」の感覚を正すことが第一歩

不思議ですね。
こうやって文章にすると誇大広告みたいですが、実際に体験してみるとその変化がホントに判ります。
Nちゃんは、この変化を学ぶためにまた来週も来てくれるそうです。

次に自分の変化に驚くのはあなたかもしれません。
水曜14時から芝居塾でお待ちしてます。


見学&受講予約受付中!!

お芝居・朗読、ボイストレーニング、アナウンス教室、体操、趣味・教養… さまざまなクラスをご用意してお待ちしております。きっとあなたのやりたいが見つかります! よくあるご質問はこちらから。
必須お名前
必須メールアドレス
必須お問合せ本文

むさしの芝居塾スタッフ

直塚和紀
直塚和紀
「芝居をしてる時もしてない時も、人生を楽しめる身体作りを!」 学生時代より海外公演を含む蜷川幸雄作品、美輪明宏作品に出演。声優、ナレーターとしても活動中。アレクサンダーテクニーク認定教師として芝居中だけでなく日常の動作も楽になるよう導きます。

ABOUTこの記事をかいた人

直塚和紀

「芝居をしてる時もしてない時も、人生を楽しめる身体作りを!」 学生時代より海外公演を含む蜷川幸雄作品、美輪明宏作品に出演。声優、ナレーターとしても活動中。アレクサンダーテクニーク認定教師として芝居中だけでなく日常の動作も楽になるよう導きます。