「誰かが誰かを愛してる」稽古のもよう:ダブルキャストの面白さ

今回の稽古はとあるシーンの抜き稽古(※作品内のシーンを抜き出して、そこを集中して稽古すること。)が行われました。

同じシーンを繰り返し通していくなかで、演出家からの演出プランを検討しながら、各シーンが作られていきます。

そんな稽古中での演出家からの一言。「貴香子は航平と相手役をやると怒る芝居になるし、弘明とやると悲しい芝居になって面白いね。」

演出席側から見ていても、相手役が変わっただけで全く違った役の一面が見えてきました。

こちらはうなぎ班での貴香子ちゃん、航平くんコンビ。 年上二人と相手役をやり、緊張する貴香子ちゃん。

こちらは大福班の貴香子ちゃん、弘明くんコンビ。 どのような演技を見せてくれるのかどちらのコンビも楽しみです。

今回で言えば、うなぎ班と大福班のそれぞれメンバーだからこそ観せることのできる「誰かが誰かを愛してる」両班とも要チェックです!!

むさしの芝居塾  春の3周年記念公演
『誰かが誰かを愛してる』
作 / 堤 泰之  演出 / 針谷理繪子
チケット予約受付中!

むさしの芝居塾スタッフ

むさしの芝居塾 事務局
むさしの芝居塾 事務局