日本語と韓国語は似てる!?

今日は夜枠としては初の韓国語講座でした。

まずは韓国語での挨拶の仕方、自己紹介の仕方からレッスンスタート。
お手製のフリップを使って丁寧に単語を追って説明します。

それから、それらをハングル文字で書くとどうなるかを
フリップ&ホワイトボードで説明。
ひとりひとり発音をチェックしました。

SONY DSC

音もハングルもお手製フリップで分かりやすく解説

で、ここで一息「韓国で口にしてはいけない単語講座」!
これ最初のレッスンでもやりましたけど、
超初級編の韓国語講座で「口にしてはいけない単語」ってレアですよ(笑)
でも、普通の語学教室じゃやらないことをするのがむさしの芝居塾流ということで!

そしてコーヒーブレイクを挟んで、いよいよ本題の「演じて学ぶ韓国語」へ。
ここからは人気韓流ドラマのDVDを教材として使います。

物語とそのシーンの意味を丁寧に解説してから、いよいよ韓国語での演技に挑戦!
スンジン先生は俳優の卵だし、今日は受講者に塾長はりいが参戦しているしで、
演技の熱量が本当に凄まじい!

樂屋のMacをDVDプレイヤーとして扱い、
そして自前Macのパワポで韓国語とその読み方、さらに日本語訳を表示させるという
二刀流をしながら、さらに登場人物のフリまでコピーして演じてみせるスンジン先生。

この韓国語講座は他所様では味わえないわとニヤニヤしながら思った水曜の夜でした。

SONY DSC

2代のMacをフル活用して進行させるスンジン先生

SONY DSC

ドラマの登場人物を動きまで完コピする熱の入れよう!

さて、これはスンジン先生が言っていたことですが、韓国語は日本語ととても似ているんですね。
音もそうだし、文章にしたときの単語の並びもそう。
同じ漢字文化を持つ国=中国の影響を受けている国同士だからなんでしょうけど、
日本人が学ぶにはとても面白い言語なんだなぁと感じた次第です。
どう似てるか体感してみたい方は、水曜夜のむさしの芝居塾においでくださいませ~。


見学&受講予約受付中!!

お芝居・朗読、ボイストレーニング、アナウンス教室、体操、趣味・教養… さまざまなクラスをご用意してお待ちしております。きっとあなたのやりたいが見つかります! よくあるご質問はこちらから。
必須お名前
必須メールアドレス
必須お問合せ本文