樂屋で録音…のその理由は

今日は稽古の前に樂屋で直塚さんの声を録りました。

音響さんが複雑な機材をセッティングして、演出家の監督の下、レコーディング。

機材を入念にチェックする音響・高沼氏

樂屋が簡易音楽スタジオに早変わり!

思えば一年前もこういう風景をブログに載せたことがありましたね。
あの時は石倉さんの声を撮ったんでした。
火葬場の館内アナウンス。懐かしいですね。

では今回は何を録ったのか…という話なんですが、
物語の核心に関わってくるため、ここでは書けません。

是非、本編を見て確認してくださいね。

見終えたあと「なるほど、あのために樂屋でレコーディングしたのか!」と納得していただけることでしょう。

本番まで残り中3日!
武蔵野芸能劇場でお待ちしております!


見学&受講予約受付中!!

お芝居・朗読、ボイストレーニング、アナウンス教室、体操、趣味・教養… さまざまなクラスをご用意してお待ちしております。きっとあなたのやりたいが見つかります! よくあるご質問はこちらから。
必須お名前
必須メールアドレス
必須お問合せ本文