煙が目にしみる稽古のもよう:煙が目にしみる

いよいよ夜は、月曜日以外は毎日「煙が目にしみる」のお稽古になりました。

「煙が目にしみる」といえば、ジャズの名曲がありますね。
私も大好きな曲で、はじめてこの戯曲のタイトルをみたときには、
へーーーーーー!このタイトル使うかーーーー!センス良いーーー!!!
と驚きつつ、このタイトルでつまらんとか、ぜったいなしだわなあーなんていぢわるな気持ちもあったものでした。笑。

しかし、
観てみて、読んでみて、あの曲に勝るとも劣らないいい作品だなあ、としみじみ思いました。

ただ読者として読むとき、
出演するとき、
観客として観るとき、
そして演出するとき、私は、戯曲の読み方が変わります。
(私だけかもしれませんが)

数多の劇団や演劇サークルの方々が取り上げてきたこの作品ですが、
今、演出する立場で日々この戯曲と向き合いながら、
まだまだ発見できそうな隠されたかけらをもっともっとみつけて、
書いた人も驚くような、今までに観たことがない「煙が目にしみる」にしたいと思っています。

SONY DSC

今日も学生チームが代役で大活躍してくれました

SONY DSC

どんどんキワモノ化していく正和ことカジケンの演技

SONY DSC

全てのパーツがふた周りくらい違う2人

SONY DSC

喫煙シーンの決まり具合が抜群なのがこの人

SONY DSC

今日はこの夫婦のおかげで笑いの絶えない稽古でした

smoke

『煙が目にしみる』公演情報はこちら

『煙が目にしみる』稽古場のもようはこちら


見学&受講予約受付中!!

お芝居・朗読、ボイストレーニング、アナウンス教室、体操、趣味・教養… さまざまなクラスをご用意してお待ちしております。きっとあなたのやりたいが見つかります! よくあるご質問はこちらから。
必須お名前
必須メールアドレス
必須お問合せ本文

むさしの芝居塾スタッフ

針谷理繪子
針谷理繪子
「やりたい時がやれる時!あなたの挑戦、全力でサポートします!」 劇団前進座出身。小劇場にて文学座、自由劇場などの俳優陣と共演後、三十代でニナガワスタジオと前進座に同時合格。以降全国巡演、海外公演など。年齢は魅力!糧!さあ進化しつづけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

針谷理繪子

「やりたい時がやれる時!あなたの挑戦、全力でサポートします!」 劇団前進座出身。小劇場にて文学座、自由劇場などの俳優陣と共演後、三十代でニナガワスタジオと前進座に同時合格。以降全国巡演、海外公演など。年齢は魅力!糧!さあ進化しつづけましょう。