机と椅子と身体の正しい関係

水曜日午後のアレクサンダー・テクニーククラス。

今回もIさんが来てくれました。
毎回レッスン開始直後にダルさはどうでした?って聞いています。
前回、前々回と一日ずつ減っているので、今回は「一日くらいだるかったですかね」なんて言葉を期待してしまいます。
「やっぱり二日くらいだるくて…」

…まあ、こんなこともあるか。

なんて思ってたら、どうやらIさん、先週教えたシンプルな大腰筋のトレーニングをやりすぎてしまったようです。
トレーニングのやりすぎはかえってマイナスになってしまうことも多いのです。
多少口を酸っぱく「やりすぎ厳禁」をお願いしてレッスンに入ります。

SONY DSC

不調の原因はトレーニングのしすぎだった模様

Iさんはこれまでのレッスンで姿勢も動きも変わってきました。
それは体型にも表れていて、最初に会った時より動きやすい状態になっています。
座ること、歩くことがだいぶ楽になったようです。
このままさらなる良い変化に向かってレッスンを続けてもらいたいと思っています。

そのあとはSちゃんご夫妻が来塾。
二人ともデスクワークに苦しめられているようです。
腰痛、肩こりに悩む人の大半がデスクワークで体を痛めているような気がします。

テクニークの原理を説明して実際に幾つかの姿勢でテクニークを体験してもらいます。

SONY DSC

なぜか説明の絵はまったく上手くなりません、なぜだ

 

デスクワーク由来の不具合は小学校まで遡ります。
学校は勉強は教えてくれても勉強する姿勢までは教えてくれませんから。
その上、机も椅子も個人それぞれに合ったものではありません。
机と椅子に対する付き合い方を知らないまま大人になってしまうのです。

SONY DSC

机と椅子と身体ベストバランスは是非樂屋でご体験ください!

机と椅子に対するベストな座り方はレッスンに来れば分かります。
水曜日のアレクサンダー・テクニーククラスでお待ちしております。
(申し訳ありませんが、現在ご予約をお願いしております。ご予約は芝居塾までお願いします。)


見学&受講予約受付中!!

お芝居・朗読、ボイストレーニング、アナウンス教室、体操、趣味・教養… さまざまなクラスをご用意してお待ちしております。きっとあなたのやりたいが見つかります! よくあるご質問はこちらから。
必須お名前
必須メールアドレス
必須お問合せ本文

むさしの芝居塾スタッフ

直塚和紀
直塚和紀
「芝居をしてる時もしてない時も、人生を楽しめる身体作りを!」 学生時代より海外公演を含む蜷川幸雄作品、美輪明宏作品に出演。声優、ナレーターとしても活動中。アレクサンダーテクニーク認定教師として芝居中だけでなく日常の動作も楽になるよう導きます。

ABOUTこの記事をかいた人

直塚和紀

「芝居をしてる時もしてない時も、人生を楽しめる身体作りを!」 学生時代より海外公演を含む蜷川幸雄作品、美輪明宏作品に出演。声優、ナレーターとしても活動中。アレクサンダーテクニーク認定教師として芝居中だけでなく日常の動作も楽になるよう導きます。